先輩社員インタビュー

  • <神奈川営業所配属のAさん>

    志望動機

    企業説明会や面接で聞いた話、社長の人柄、また会社に来たときに職場の雰囲気が良く、そういうところを含めて総合的に判断し決めました。

    共和電子に入社してみて

    社員同士の関係が密接で、とてもフレンドリーな職場です。プライベートなことでも相談に乗ってくれたりします。仕事中に業務と関係ない話もよく飛び交いますけど、集中すべきときと力を抜くときのメリハリがしっかりしていますね。

    はじめてお客様のところへ訪問するときは、先輩のアシスタントとして同行させてもらえます。 こうした営業の現場で学べることはたくさんあり、スムーズに仕事に慣れるのに役立ちました。

    仕事上でうれしかったこと

    はじめのころはアシスタントとして、社内の業務に従事していました。お客様から見積りの依頼があって、私が出した回答で実際の注文につながったときは嬉しかったですね。

    いままでの仕事で失敗談

    まだ、そんなに大きなミスはありませんね。小さなものでは、いくつかあったような気がしますけど……(笑)。
    ちなみに、共和電子ではミスしたことでキツく叱られることはまずないんです。起きてしまったことは起きてしまったことで、これからどう対応していくかという部分から教訓を得て、つぎに活かせという側面があります。

    共和電子を志望する方へ

    社員が自分で言うのもなんですが、とても馴染みやすくて本当にいい会社だと思いますよ。これから入社される方と仕事ができる日を心待ちにしています。仲良く一緒にがんばりましょう。

  • <神奈川営業所配属のBさん>

    志望動機

    営業をするにあたって、電子部品を全般に手がけるという企業の姿勢に魅力を感じました。また、面接に来たときに会社の雰囲気がすごく良かったので、働きやすい職場なんだろうなと思って志望しました。

    共和電子に入社してみて

    正直なところ、はじめての就職だったので分からないことを質問できないような雰囲気だったらどうしよう、とか入社前にはいろいろと不安がありました。

    でも、そんな心配は不要で、誰にでもいつでも相談することができる職場です。 あたたかくて、とてもアットホームな雰囲気ですよ。

    仕事に対するやりがい

    以前、はじめに決めた納期よりもかなり前倒しで納品してほしいというご要望がお客様からありました。何度も何度もお客様とやり取りをして、しっかり先方のご希望に沿うことができたときは嬉しかったですね。お客様からいただいたお礼の言葉は、その後の励みにもなりました。

    それと、いつもは電話だけで直接お会いしたことがなかったお客様の会社にはじめて訪問したとき、担当の方が私の名前を覚えてくれていたことは嬉しかったです。こうしてお客様と密な関係を築いていくんだな、と実感しました。

    共和電子を志望する方へ

    社内では「共和ファミリー」と表現しているのですが、家族のような感じのあたたかい雰囲気がある会社です。 入社されるにあたって、不安に思うことはあるかもしれません。しかし、新しい人にもみんながしっかりサポートしてくれます。共和電子に関していえば、このあたりの心配はいらないと思いますよ。

    これから入社される方と一緒にがんばっていくことを楽しみにしています。

  • <神奈川営業所配属のCさん>

    志望動機

    最初から営業を志望していました。 人と話すことが好きなので、大勢の人とお話が出来て、多くのお客様と会える……。電子部品の業界は女性の営業がまだまだ少ないのですが、この仕事に就きたかったんです。

    弊社社長の「共和電子は社員全員が営業です」という言葉は、自分にとってかなり大きなインパクトがありました。 自分が求めていた仕事をできる会社はここだ、と思うことができました。

    共和電子に入社して思うこと

    入社の1週間ほど前に共和電子でアルバイトをしていたときから親切にしてもらっていたので、不安はありませんでした。

    あとは入社にあたって会社の近くでひとり暮らしをはじめようとしたときに、まったく知らない土地だからということで、社員のみんなで家探しを手伝ってくれたこともあります。

    また、入社から3か月目あたりで高熱を出して、会社を休んでしまったことがあったんです。このとき、弊社の所長がお菓子やジュースなどいろいろ買って、私の家の前に置いておいてくれた、なんてエピソードもあります。会社を休むたびに、毎回こういうことがあるわけではないですけどね(笑)。

    ただ、こうしたあたりにも、弊社でよくいわれる“家族主義”のあたたかさが現れているのではないかと思います。

    仕事のやりがい

    営業は会社の顔という自覚を持って、お客様と接しています。 お客様に満足していただきたい、そして自分も満足ができる仕事をしたい、という気持ちで日々の営業活動にあたっています。

    ただでさえ納期のスケジュールがタイトな業界ですが、ときには夕方ごろになってから「明日までに部品をそろえてほしい」という依頼が新規で舞いこんでくることもあります。

    そうした緊急のご用命に、弊社では「できません」とはお答えしないんです。とにかく「やってみます」というところから始まって、なんとかお客様にご協力できる方法はないか探ります。

    もちろん、残念ながらお客様のご要望すべてに100%のお応えができているわけではありません。しかし、そうした状況のなかでベストをつくして、お客様に喜んでいただけたときには大きなやりがいを感じますね。

    また、以前は「共和電子の春村さんにお願いしたいんです」といただいたお仕事がありました。同じことをしている会社がたくさんあるなかで、なによりも人対人という面で選んでもらえることは光栄ですし、そんなときはこの仕事をやっていてよかったと思います。

    仕事でミスをしたら…!?

    いま思い起こしても考えられないようなミスをしたことがありますが、そんなときは理由立てせず正直に取引先へ伝えて謝るようにしています。

    言い訳をすると、以後もずっとその状態で仕事を続けなければなりません。少なくとも、それはいい仕事につながらないと思うんです。

    ときには、お客様から「言い訳してごまかそうとする人って多いんだよね」というお言葉をいただき、正直であったことがきっかけで幸運にもミスをリカバーできたこともあります。問題が起きたときは、変に繕わないことが大事なのかもしれません。

    共和電子を志望する方へ

    面接は緊張するものですが、熱意を持って臨めば気持ちは相手に伝わるはずです。上手い言葉ではなく、そうした気持ちを表に出していけば、開けてくるものがあるのではないでしょうか。