IHはんだ付け装置

新しいモノづくりを求めていませんか?

答えは、触れない「IHはんだ装置」です。

高い加熱能力を自在に制御

Technologies

高い加熱能力を自在に制御

  • 周辺への影響を抑えて加熱
  • 数ミリの大きなモノを早く、コンマ数ミリの小さなモノを繊細に
非接触で安全・高品質・簡単メンテナンス

Safety

非接触で安全・高品質・簡単メンテナンス

  • はんだ付け後のワーク温度低下が早くオペレータに優しい
  • はんだボールの発生を抑え、定量はんだで仕上がりを美しく
カーボンニュートラル

Environment

カーボンニュートラル

  • はんだごみレスで、CO2を大きく削減
  • 高い加熱効率で電気代を節約

IH(誘導加熱)とは

IH(誘導加熱)とは
  1. (1)ヘッドコイルに交流電流を流す。
  2. (2)ヘッドコイルから磁束発生。
  3. (3)磁束とワークが鎖交する。
  4. (4)鎖交部分に過電流が発生。
  5. (5)ジュール発熱。
  6. (6)昇温

IH(Induction Heating)は非接触かつ直接的に金属を加熱するため、エネルギー削減を最大化できる加熱方式です。

IH(誘導加熱)の特徴

  • 被加熱物に触れずに加熱することが可能
    • 非接触加熱
  • 自己発熱による熱の移動がない
    • 均一な加熱
    • 熱制御が容易
  • 熱損失が少ない
    • 加熱効率が高い
  • 単位時間当たりのエネルギーが大きい
    • 急速加熱
  • エネルギー源は電気(CO2レス)
    • 環境にやさしい

適用分野

  • 電気自動車
    電気自動車
  • 再生エネルギー
    再生エネルギー
  • 情報通信
    情報通信
  • 空調
    空調
  • IHはんだ装置
  • IHはんだ装置
  • IHはんだ装置
  • IHはんだ装置
  • IHはんだ装置
  • IHはんだ装置

強み

  • 高い加熱能力

    世界初の磁気集中技術により、従来装置では不可能であった局所的なセルフヒーティングを実現。
    下図は端子・基板予熱後のはんだ供給時のイメージです。端子・基板に加え、はんだのセルフヒーティングにより、発熱エネルギーを約1.5倍に向上させています。

    高い加熱能力
  • 自在な加熱制御

    はんだ付け装置として初めて、1ポイント毎に「予熱→本加熱→後熱」をプログラムすることが可能になりました。100msでIH強度を可変でき、適切なはんだ付けを実現できます。局所のリフロー装置としてクリームはんだの使用も可能です。

    自在な加熱制御

IH(誘導加熱)の産業分野市場

現在の産業IH分野電源の周波数帯10k~200kHz

  • 溶解・溶着製品
    溶解・溶着製品
  • 余熱・加熱製品
    余熱・加熱製品
  • 熱処理製品
    熱処理製品
  • 接合製品
    接合製品

高周波電源用途

IHの熱制御は高周波電源がキーアイテム

高周波電源用途

IH(誘導加熱)はんだ付け装置

部分DIP、手はんだ等の後工程をターゲットとする。

製品構成

製品構成

はんだ付けの課題

IH(誘導加熱)はんだ付けはどんな課題を解決できるのか?

  • 課題例
  • はんだごてでははんだが溶けにくい、時間がかかる
    急速加熱により短時間ではんだを溶かせる。
  • 各PINではんだ仕上がりが異なる
    熱伝導率が異なるPINのはんだ付けを1PINごとに最適加熱ではんだ付けが可能。
  • はんだごてからの熱伝導ばらつきによる不良
    金属の自己発熱による安定したフィレット形状
  • 対象部品例
  • IGBT
  • 平板端子
  • コネクタ
  • 厚銅ピン
  • Etc…

はんだ付け方法

用途に応じたはんだ付け方法(案)

  • 放熱器にパワー部品を取り付けて基板をセットしてはんだ付け
  • 上からはんだ付け
  • 上からはんだ付け
  • 熱伝導率が悪く加熱時間がかかるIHの急速加熱により効率UP
  • 上から部品挿入、下からはんだ付け
  • 下からはんだ付け
  • 下からはんだ付け
  • 変更工数削減、時間短縮による生産性向上

S-WAVE301 FA 機能表

設定メモリ

プログラム
50パターン
はんだ付けポイント
290箇所(1プログラム毎に)
IH条件
100種
はんだ供給条件
100種

ロボット(150X150タイプ)

分類
4軸直交ロボット(X・Y・Z・θ)
可動域 X軸
0~150mm
可動域 Y軸
0~150mm
可動域 Z軸
0~150mm
可動域 θ軸
0~359.9deg
はんだ供給ユニット
J-CAT FEEDER(アポロ精工)はんだ径φ0.3~1.6
外形(W×H×D)
480×770×510

ロボット(300X300タイプ)

分類
4軸直交ロボット(X・Y・Z・θ)
可動域 X軸
0~350mm
可動域 Y軸
0~300mm
可動域 Z軸
0~100mm
可動域 θ軸
0~±180deg
はんだ供給ユニット
J-CAT FEEDER(アポロ精工)はんだ径φ0.3~1.6
外形(W×H×D)
850×830×930

磁気集中ヘッド

コイル定格電流
150A(波高値)
発振周波数
750~1100kHz
加熱可能ワーク幅
0.3~1.5

システム

入力電圧
AC 100~240V 50/60Hz 1φ
最大入力電力
インバータ340W 制御170W ※消費電力ではありません

日本経済新聞での記事掲載

日本経済新聞2020118